犬の帰宅

マンガとか料理とか音楽とかマンガとか

天津向の4コマトーク@阿佐ヶ谷ロフト(2010年9月9日)

に行ってきました。いやー面白かった。以下メモやら感想なんかを。完全に自分用す。

・阿佐ヶ谷ロフト
初上陸。思ったよりはこじんまりとした場所でした。
店のBGMは「もってけ!セーラー服」「空耳ケーキ」「Utauyo!!MIRACLE」とあと何曲かがグルグルと。
舞台の後ろに山田玲司作の墨絵?的なのがあって「なるほど・・・」と思う。何がかよく分かんないけど。

・前半
天津向さん登場。唯がプリントされてるシャツという大変男らしい格好。
とにかく4コマが好きで、月に20数冊買ってるとか。
「施川先生出るのは後半なんでそれまで寝ててもいいっすからww」
ももせたまみせんせいのお時間」9巻で帯コメを書いた話。もらったギャラで9巻を買える限り買ったとか。
「今日けいおん!最終回だけど読んだ人―(チラホラ手が上がる)。やっぱ続きあると思う!?」
やーどうっすかねー。無いんじゃないんすかねー→「じゃあ、あの思わせぶりなラストはなんだ!!ww」
植田まさし先生から、佐藤両々わさんぼん大沖ひらめきはつめちゃん」宮城楽「晴れのちシンデレラ」まで語る語る。\すげえ/

わさんぼん 1 (まんがタイムコミックス)

わさんぼん 1 (まんがタイムコミックス)

ひらめきはつめちゃん(1) (BLADE COMICS)

ひらめきはつめちゃん(1) (BLADE COMICS)

晴れのちシンデレラ 1 (バンブー・コミックス MOMO SELECTION)

晴れのちシンデレラ 1 (バンブー・コミックス MOMO SELECTION)

桜木さゆみ先生登場
顔出しNGのため、アシュラマンみたいな箱型の被り物(側面に表情がついてる)を被って登場。
元々天津のファンだったものの、取材しようとしたら編集(?)からNG食らったとか。
連載してるマンガに絡めたダメ男トーク。
総額で1000万くらい貸しているそうな。「これはネタになるな」みたいな精神らしい。
サイン会やるよ!渋谷でもやるけど今もやるよ!!

恋愛漫画家

恋愛漫画家

全裸漫画家 (ニチブンコミックス)

全裸漫画家 (ニチブンコミックス)

・後半
小坂敏幸の「中央モノローグ線」は人生で5本の指に入るマンガ。
「俺はマンガの原作をやりたい」と
クレヨンしんちゃんの「しんちゃん塾(開いた2コマにセリフを入れて応募する読者企画)」をやってみる。
ネタだし×4。まんがタイム12月号で分かるはず。

・施川先生登場!!
黒シャツ黒ズボン+黒い帽子の黒ずくめの格好。
スゲエ緊張していらしてる感じ。声も小さめ。
こういったイベントに出るのは初めてだそうで。最初はゲストが何人かいるのかと思ったら、自分1人でどうしようかと思ったとか。
施川先生の目線(フィルター)や作品の中にあるノスタルジックについて。施川先生自身は「とにかくネタが出ない」ので、あまり意識はしてないそうな。
自分が載っている雑誌は他人事じゃないので読めない。読むのはもっぱらジャンプとか。
知ったかぶりをどこまで突き通せるかのチキンレースがよくある(この辺から徐々に施川先生の緊張が打ち解けた感じに)。
向さんとの大喜利
一切絵は欠かない施川さんwでも、ネタ自体はホント面白かったです(小学生並の感想)。
最後に桜木先生も再登場し、色紙に「4コマとは」について。

 大体こんな感じのライブでした。微妙に端折ってる部分もあるかもなんで、詳しい話はtogetterとか他の方のブログで!
僕は何年か前から施川ユウキ先生の作品が大好きで、今回のイベントも完っ全に施川先生目当てでした。で、施川先生はゲストで後半から出るよ!ってなって、最初は「しょーがねーか・・・」って気持ちになったんですが、いや、正直向さんナメてました。スンマセン。
 何がスゴイって、とにかく俺は4コマ好きだ!!って思いをガンガン打ち出してくるわけですよ。「間」の使い方の上手さ、みたいなお笑い芸人らしい分析から、恋愛要素メインじゃない作品でさり気無〜く入ってくる恋愛描写の魅力(12月生まれの少年の柊と葵みたいな・・・)といった所まで色んな作品を引き合いに語ってくる。
僕自身はあずまんが大王大沖さんの作品は読んだことありましたが、他の作品は全然読んだことなくて。つーか名前も知らなくて。それでも、そんな面白いなら買ってみるべかなぁと思わせるくらいの熱の入りようで、非常に深くトークに入り込めました。
 まぁ、理想的なのは客も向さんくらいに読んでるのが理想なんだろうけどねー。なかなかねー。ほぼ全員話題について行けてない!っていう空気の瞬間が数回あったし。次回までにこれ読んでると良いよーみたいな「課題図書」みたいなのがあると面白いかも。でも、トークは基本アドリブだしなぁ。

 ゲストの方に関しては、桜木さんはかなり場慣れしてる印象を受けました。トークもすげぇスムーズだったし。
対する施川先生はもう作品のコメント欄の人柄そのままというか、基本物静かなでシャイな印象を受けました。最初はとても緊張していらしてる様子。でもって、その緊張を和らげようとする向さんがかなり好印象でした。
トークをする中で施川先生の緊張もおさまってきたのか、クライマックスの大喜利はかなり面白かったです。発想を(自信無さ気に)スパッと出してくるところは流石に漫画家だなと思ったり。言っていることはとても面白いのだけれども、決して絵に描こうとはしないのがまたなんというかwでも、一度はギャグ漫画家大喜利には出て欲しいぜ・・・。


 そんなわけで、イベント全体としてかなり盛り沢山で楽しかったです。2時間半は長いなーと思ったら全然そんなことは無かったぜ!
次回の開催は2ヵ月後を予定してるらしいんで、4コママンガ好きだよーって方は是非行ってみるとよろしいかと。>