犬の帰宅

マンガとか料理とか音楽とかマンガとか

WORLD HAPPINESS 2011に行ってきたよメモ

8月7日日曜日に、野外音楽フェスWORLD HAPPINESS 2011に(ぼっちで)行ってきましたー。楽しかった!
忘れないウチに簡単にミュジーシャンの感想やなんやかんやと。書いてみようかと。


・はじまり
場所は新木場の夢の島公園。ワールドハピネスはブロック制なので、ガッチリ見たい場合は良いブロックを取る+朝早く起きて良い場所を取ることが求められるフェスであります。が、僕はギリギリに取ったので場所は一番周辺に位置させられるブロックCに。暑いしそんな焦らなくても良いべってことで、開演してちょっと後で入る感じに。駅から会場までは大体15〜20分くらいだったでしょうか。それでも駅〜会場には結構な人がいました。



OKAMOTO’S
そんなわけで場所を確保した時には終わってたのであんまり聞けてないですが、かなり勢いに溢れたバンド。どうも全員自分より年下らしいですが、そんな風にはとても思えない音。

宮沢和史 as GANGA ZUMBA
かなりワールドミュージックっぽい音。ちょうどこの時屋台村にいたもので、周りの無国籍な感じと異様にマッチしていたような気が。コーラス+ブラスと大所帯で楽しげな感じでした。

コトリンゴ
ドラムとベースでトリオ編成。オリジナルの他にフリッパーズギターの「恋とマシンガン」をやったり。フェスもいいけど、どっかホールとかライブハウスで見てみたいですね。

Fennesz+Sakamoto
本ライブ1のアンビエント。ちょうどこの時間は天気が良く(暑かった!)、とてもイイ感じに涼しげでした。教授はのっけからグランドピアノの弦を指で弾いたりと結構アクティブな場面も。

高野寛
1曲目が「ペステンダンク」といきなり嬉しい名曲。最近のアルバムからも演奏しつつ、「君に、胸キュン。」で、会場中が「キュン!」の掛け合いで大盛り上がりになったのが楽しかったですw

スチャダラパー
今夜はブギーバック」ではじめながらも、ゴジラヘドラのメインテーマを元ネタにした反原発ナンバー(新宿のデモで流したみたい)を演奏したり、一番反原発を訴える感じが。とはいえ最後は「サマージャム」で締めるあたりがグー。

KIMONOS
LEO今井ZAZEN BOYS向井秀徳のユニット。ニューウェーブっぽい感じ(トーキング・ヘッズとか)もさせながらも、素直にカッコいいバンド。

LITTLE CREATURES
青柳拓次鈴木正人のサイドワークは色々聞いたことがあったけれど、リトル・クリーチャーズとして聞くのは初めてだったり。これももっと小さいライブハウスで聞いてみたいなー。とはいえ、このへんから雨が降ってきてちょっと大変なことに。

星野源
雨が降ってきたということで、最初にASKAの「はじまりはいつも雨」をカバーするあたりウマかったです。ソロアルバムの曲やサケロックでカバーした「スーダラ節」なんかも。ギターの弾き語りってことで、うって変わって静かで落ち着いた感じ。

THE BEATNIKS
10年に1度のペースで活動する高橋幸宏鈴木慶一のバンド。2人とも声が特徴的なヴォーカルですが、合わさるととてもイイ感じに。途中でゲストに高野寛も登場。

神聖かまってちゃん
この辺りから徐々に若者層に多くのファンを持つバンドが増えてきたような。生で見たのは初めてでしたが、噂に違わぬ暴れっぷりwかなり無茶苦茶とはいえ、「ぺんてる」とか「ロックンロールは鳴り止まないっ」なんかは普通にかっこ良かったけどね。

サカナクション
会場を1つに盛り上げる!って点では一番のバンドでした。思わず隣の見知らぬねーちゃんと「アルクアラウンド」のサビや「ホーリーダンス」で腕を振ったりw出だしでYMOの「東風」をカバーするあたりもリスペクトが垣間見えてナイス。

salyu×salyu
自分の声を多重録音して楽曲を作るsalyuのプロジェクト。これどうやってライブやんのかなーと思ったら、本人プラス同じ格好した量産型salyu(仮)が3人登場。4人でハモったり、ポリリズミックなフレーズを歌ったりとすげぇカッコ良かったです。

YUKI
これも「JOY」とか「メランコリニスタ」で会場全体が大盛り上がりでした。途中の曲では、自分でギターを持って弾いたりする場面も。

TOWA TEI
昔の名義では「テイ・トウワ」だった気がするんですけど、いつの間にやら変えてたんですかね(どうでもいい)。DJタイムってことで色々かけてましたが、途中で坂本龍一の「サマーナーヴス」をかけたのはちょっと笑ったw

YMO
最初にやった新曲は重いシンセ音に不協和ギリギリの上物が乗るイントロから、淡々と進む静謐な曲でした。新旧織りまぜて色々な曲をやっていましたが(コズミック・サーフィンからのアブソリュート・エゴ・ダンスにはビックリ)、MC無しでクールに進めているのが印象的でした。千のナイフやアンコールの東風はかなりキレキレでした。



・そんなわけで
1日で終わる&場所も都内&美味しい食べ物やお酒もいっぱいなので、フェスは行きたいけど体力的になーという人にはオススメです。とはいえ、今回みたく雨も降る可能性はあるので、雨合羽は持っておいた方が良いと思います。マジに。
システムとして、場所を取るにはブロック内で配られたビニールシートを置く場所を見つけなければなりません。ブロックAとBの人、特にBの人は油断するとブロックCよりも見難い位置しか無いことが多そうなので、なるべく早く行った方が良いかと思います。特に今年の場合は、ブロックAなら最後尾でもブロックB最前列より前で見れましたが、ブロックBの場合、最悪Cの人より見難い位置しか残ってない場合もあるので…。ブロックCの人は間近で見れずとも、ノンビリステージの画面を見るのが良いかと思いますが、来年はどんな風にブロックが配置されるか分からないというね!
それと直射日光を遮る場所が皆無なので、その辺熱中症対策は万全に整えた方が良いですね。水分は出店で色々買えますが、前もって多めに水分を持ってくのが吉かと。

色々と大変なところも(雨降ったり)ありましたが、また来年も参戦したいですねー。どんな人が出てくるか今から楽しみ。